カリフォルニアに住むことにした!
グリーンカード(アメリカ永住権 - DV PROGRAM)抽選に当選して、カリフォルニアに移住した私達。実際に住んでみたアメリカでの日々の暮らし・気づいたことなどを皆さんにお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポートの更新手続き

今回パスポート更新手続きをして気づいたことなどをまとめました。

パスポートは期限が切れる1年前から更新の申請ができます。
すぐに申請にいけば問題なかったのですが、
申請書を送ってもらってからだいぶ時間がたってしまい
その間に申請書の変更があったで結局再度新しい用紙に書き直すことに・・・

サンフランシスコの日本国総領事館は
50 Fremont St.
にあります。


●地下駐車場への入り方

私達はFolsomを左折してFremontに入りました。
最初に来た時、ビルはわかりましたが、地下駐車場への入り口がわからずに
グルグルまわるはめに。

地下駐車場はビルが見えたら(50 Fremontと大きいサインがある)
そのままFremontをまっすぐに少しだけ進み
総領事館が入っているビルの端ぐらいになったら左にまがるように入ります。

ここは駐車券を取る都合上左側通行になっていますので要注意。


↓ 続きはクリックしてください。

すぐ右隣に別の駐車場の入り口があるのでまちがえないように。
いつも路上に車が停まっているので入り口がとてもわかりにくくなっています。


降りていくと係員が券を渡してくれどこに停めるか指示してくれます。
狭い駐車場なので自分で駐車スペースをさがすのではなく
キーをつけたまま指示されたところに置いていくというシステムのようです。

そこからビルに入るドアがあり、入って少し進むと受付があります。
写真付きIDを提示してビジターパスを発行してもらいます。(これは返却不要)
visitor pass


エレベーターで上にあがるのですが地下駐車場から
上にあがるエレベーターは2Fまでしか行きません。


1Fで降りいったんロビーに出て、さらに隣のエレベーターが
たくさん並んでいるスペースへ入り、そのエレベータで23Fまで上がります。
歩いてビルに入る場合は1Fロビーからなので問題ないでしょう。

トイレは22Fにしかありません。階段が使えないので
もしトイレに行きたい方は先に22Fで降りた方が良いでしょう。
ここには
広報文化センターがあり日本文化を英語で説明した
パンフレットなども置いてあります。


23Fにパスポートの更新などを受け付けてくれる窓口があります。
空港と同じような荷物チェックゲートあり。

車で行くと、駐車する場所を確保するのに時間がかかる場合もありますので
時間に余裕をもっていかれると良いでしょう。

日系のお祭りなどがあると領事出張サービスがあり
臨時にパスポート関係の申し込み受付などもやってもらえるようです。

ただ申請書などは事前に返信用の切手を貼った封筒を送り
準備をしておかなければなりません。詳細はこちらへ。

(注)この情報は2006年8月のものです。

海外生活ブログ

スポンサーサイト

テーマ:カリフォルニアライフ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://californialife.blog42.fc2.com/tb.php/7-b3fed90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海外「生」情報がいっぱい

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 ↑ クリックが
とても励みになります。



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

kay

Author:kay
グリーンカード(永住権-DV PROGRAM)当選をきっかけにカリフォルニア州、サンタクルーズの住人となった私達。
それまでは旅行で訪れただけだったアメリカに実際に住んでみてわかったこと。日本の暮らしとの違いなど、これからアメリカに住む、住んでみたい、たぶん行かないと思うけどなんか面白そうという人達にこちらでの日々の暮らしをお伝えします。



カテゴリー



最近の記事



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



月別アーカイブ



FC2カウンター




ランキング

ランキングに参加しています





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。