カリフォルニアに住むことにした!
グリーンカード(アメリカ永住権 - DV PROGRAM)抽選に当選して、カリフォルニアに移住した私達。実際に住んでみたアメリカでの日々の暮らし・気づいたことなどを皆さんにお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を出発前にやっておいてよかったこと
日本を出発前にやっておいてよかったこと

なんといってもオンラインで決済できる銀行口座を持ったこと。
これは非常に重要です。

アメリカにいても日本への支払いをしなければならないこともかなりあります。
また、前述のクレジットカードもそうですね。

アメリカのクレジットカードを入手するまでは日本で発行されたクレジットカードを
使うことになります。

ですから、銀行、郵便局などの口座はできるだけそのままにした方が良いと思います。
そのままにしておけば、(クレジットカードが使用できる場合に限りますが)
緊急時、限度額までは海外送金などすることなく日本の自分の口座に振り込んでもらえば
使えますから。

私達はドルを少しだけT/C(トラベラーズ・チェック)で持ってきたのですが、
当初それはできるだけ使わないようにして日本発行のクレジットカードを使っていました。
(円安の時はイタイですが・・・)

ソニー銀行では、アメリカのATMで自分のドル口座からドルキャッシュがおろせる
MONEYKitグローバル・キャッシュカード)というサービスがあります。
他の銀行でも「海外でキャッシュがおろせる」カードを発行していますが、通常は
その日のレートで日本円からの引き落としになると思います。
大きな違いは自分の口座にドルを持っていたら、そのドルを直接おろせるということ。


 ↓ つづきはクリックしてください。
但し、これは私も最初わからなかったのですが、アメリカのATMは一度に下ろせる
金額が日本と比べてとても低いのです。日本のATMですと99万ぐらいまで一度に
おろせますよね?(たぶん?)

アメリカではおそらくどこのATMでもそう変わりないと思いますが、1回の操作で
通常200ドルから300ドルが限度です。

そうするとその1回、1回にそれぞれATM利用手数料$1.25+ATM運営主体の手数料が
かかってきます。ATM運営主体の手数料は設置場所によりまちまちで一概に
いくらと言えません。

日本で10万円をおろすのにかかるのは105円~210円ですよね。
仮にこの運営主体の手数料が同じ$1.25だとすると・・・
アメリカで900ドルをおろすと$7.5以上かかることになります。

でもソニーバンクは為替の手数料が米ドルの場合片道10銭になるキャンペーンを
よくやっていますので、個人的には利用しています。

海外生活ブログ一覧へ
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ移住 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://californialife.blog42.fc2.com/tb.php/29-3d99b78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/07/30 06:59】

海外「生」情報がいっぱい

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 ↑ クリックが
とても励みになります。



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

kay

Author:kay
グリーンカード(永住権-DV PROGRAM)当選をきっかけにカリフォルニア州、サンタクルーズの住人となった私達。
それまでは旅行で訪れただけだったアメリカに実際に住んでみてわかったこと。日本の暮らしとの違いなど、これからアメリカに住む、住んでみたい、たぶん行かないと思うけどなんか面白そうという人達にこちらでの日々の暮らしをお伝えします。



カテゴリー



最近の記事



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



月別アーカイブ



FC2カウンター




ランキング

ランキングに参加しています





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。